トラックドライバーの業務 経験がある方必見!自己PRの書き方|東京の仕事と住まいならTokyo Dive

Tokyo Dive
0120-92-4232
月~金曜日 9:30-18:30

menu

上京ブログ

就活テク2018.07.30

トラックドライバーの業務 経験がある方必見!自己PRの書き方

こんにちは!Tokyo Dive編集部です!
今回は、トラックドライバーの業務経験を活かした転職を考えている方に向けて、就職活動で必須の自己PRの作成例をご紹介していきたいと思います!

就職活動 自己PR

登場人物

ハムハム博士
自身も転職回数が多く、職探しに困った経験を生かして今日も全力で働く。
上京したくて困っている人
リゾートバイトマスターだが最近は上京して東京で働きたいと思っている。

いざ転職しようと思ったけど、自己PRが全然思いつかない……。そもそも今までトラックドライバーしか経験したことない私だけど、何か自己PRで書けることあるの……?
そんなことありません!トラックドライバーの経験を丁寧に書いていけば、立派な自己PRは書けますよ!私と一緒に自己PRを考えていきませんか?
ありがとうございます!ぜひお手柔らかに教えてください!

転職に活かせるスキル


トラックドライバーが転職に活かせるスキルってどんなものがあるの?
自己PRに書けそうなスキルの例を並べてみました!この中から自分に当てはまるスキルを1つ選んで、そのスキルをアピールする自己PRを書いてみましょう!

免許

トラックの運転に必要な免許は、持っていると勤務可能な職業の幅を広げることができるので社内で重宝されます。大型免許など特殊な免許を持っている人は、この資格をアピールすると良いでしょう。

状況判断力

業務中に予定外のルートで配送業務を受けることがあります。追加業務が突然入っても、即座に配達の最短ルートを考えられる人は、このスキルをアピールすると良いでしょう。

集中力

長距離ドライバーなど、長時間の運転が必要になる業務があります。業務中思わず気を緩めてしまいそうになっても、運転に集中し安全運転をこころがけることができる人は、このスキルをアピールすると良いでしょう。

体力

トラックには多くの積み荷が載せられることがあります。日々それらを集荷場で積んだり、配送先で降ろしたりする際に筋力や体力がついた人は、このスキルをアピールすると良いでしょう。

記憶力

長期間同じ企業で働いていると、同じ場所に何度も荷物を配送することがあります。記憶力を活かしてお得意先の住所を覚えることで、業務を効率化した経験がある人は、このスキルをアピールすると良いでしょう。

自己PR例


転職に活かせるスキルはわかったけど、実際にはどんな風に自己PRは書いたらいいんですか?
ここでは自己PRの例を紹介します!ぜひ参考にしてみてくださいね!

自己PR例1 「状況判断力」

私の強みはその場に応じた状況判断力です。3年間トラックドライバーとして働いている中で、突然のアクシデントにも対応できるようになりました。ある日の業務中に緊急で追加配送する荷物があることが分かり、現場が大変混乱していたことがありました。偶然集荷場に近いところを走っていた私は「このまま混乱が続けば他の配送にも影響が出る」と考え、集荷場に向かい、追加配送品の配達の手助けをしました。私の助太刀の判断が早かったため緊急の配送があったにもかかわらず、配送先の納期に間に合い、クレームを1件も出さずに業務を終えることができました。貴社に入社後はこの状況判断力を生かし、何事にも臨機応変に対応したいと考えています。

自己PR例2 「集中力」

私は集中力に長けていると自負しています。なぜなら、トラックドライバーとして3年間働いていた際、無事故で業務を遂行していたからです。運転中、トラックの積み荷の状態はまったく分かりません。なので、私は積み荷の破損につながる急停止・急発進をできるだけ避け、安全運転をこころがけました。その結果、1度もクレーム案件を起こさずにトラックドライバーの業務を勤め上げることができました。私が勤めていた企業では、クレームゼロは初めてだとのことで、2年目から新規顧客の配送業務を任せてもらえるようになりました。それにより新規顧客の定着率が50%増加し、全体として20%の売り上げ増加に繋がりました。貴社に入社後はこの経験を活かし、どのような業務にも真摯に取り組みたいと考えています。

自己PR例3 「体力」

私は体力に自信があります。以前勤めていたトラックドライバーの業務の中に、集荷場から手作業でトラックに荷物を積み、配送先で手作業で積み荷を降ろす、という業務がありました。荷物の中には軽いものもあれば、一人では持てないほど重いものもあり、自然と体が鍛えられました。勤務を始めたばかりのころは、60キロ以上の大型の荷物は1日に40個が限界でしたが、いまでは倍の80個を運ぶことができるようになりました。貴社に入社後はこの強みを活かし、常に全力で業務を遂行したいと考えています。

今回は「トラックドライバーの業務経験がある方必見!自己PRの書き方」というテーマで執筆させていただきましたが、いかがでしょうか?
こちらの記事が自己PRを考えるヒントになりましたら幸いです!ぜひこの記事を読みながら、自己PRを書いてみてください!

Tokyo Dive編集部

Recommendおすすめ記事


上京するなら「Tokyo Dive」

この記事を読んで「ちょっと上京してみたいかも?」と思ったそこのあなた!!

Tokyo Diveで上京してみませんか?


今回ご紹介するTokyo Dive(トーキョーダイブ)とは、20代の今だからこそ!上京して東京を体験してみたい!と思っている方に、お仕事とお住まいを同時に提供する「上京サポートサービス」です。

Tokyo Diveのここが魅力!!

■お仕事サポート充実!

専門の「上京カウンセラー」が上京前から、東京生活が始まってからもあなたをしっかりとフォロー!あなたにピッタリなお仕事を紹介します!

■住まいサポート充実!

お仕事のご紹介だけはなく、一緒にお住まいもご紹介!大手不動産会社と提携しており、居住エリアやスタイルなど様々な物件を紹介できます!

■初期費用が圧倒的に安い!

シェアハウス大手の「クロスハウス」や大手不動産会社の「エイブル」などと契約!敷金・礼金・仲介手数料が0円

しかも、TokyoDiveが借り上げている「TokyoDiveシェアハウス」なら家賃も無料!(共益費1万円はかかります)

※シェアハウスの場合
※ワンルーム賃貸の場合も初期費用を大きく抑えることが出来ます

さらに、TV・ベッド・冷蔵庫などの家具家電も無料でついてくる物件も!
Tokyo Diveを利用すると、高くつくときは60万円も必要な初期費用が、なんと0円~上京できる!

仕事が見つかり、初期費用も安く抑えられ、憧れの東京生活を実現する!

それがTokyo Dive!上京するならTokyo Dive!

もしもご興味のある方は、こちらから【無料登録】してみてください!


もっともっとトーキョーダイブについて知りたい方はこちら