引っ越しをできるだけ安くするためにはどうしたらいい?|東京の仕事と住まいならTokyo Dive

Tokyo Dive
0120-92-4232
月~金曜日 9:30-18:30

menu

上京ブログ

上京ニュース2019.07.01

引っ越しをできるだけ安くするためにはどうしたらいい?

何かとお金のかかる新生活だから・・・

新しい土地で生活を始めようとすると、思う以上に出費が重なるもの。新居の契約にかかる初期費用や生活に必要なものを買いそろえるのにも、少しまとまったお金が必要になるだけに、計画的に賢くやりくりし、気持ちよく新生活のスタートを切りたいですよね。

それには、こだわりポイントに予算を集中投下できるよう、無駄を削るのが第一!そこでぜひ注目してほしいのが引っ越し費用です。引っ越し作業は何かと大変ですが、実はちょっとした工夫で簡単に節約ができるところでもあるのです。

知っているのと知らないのとでは歴然の差が現れる、今回はそんな引っ越しの節約テクニックをご紹介します。

 

 

見積もりは必ず複数取得!

まず手軽にできる方法で、必ず実践したいのが、条件を満たす中で一番安い業者を使って引っ越せるよう、見積もりを比較して選定することです。どこに頼んでも似たようなものと思われるかもしれませんが、同じ条件の引っ越しでも、業者によりその料金には大きな開きがあります。数万円単位の差が出ることは当たり前ですし、ケースによっては2倍以上違ったといったこともありますから、馬鹿にはできません。

また、ある条件下で最安だった業者が、必ずいつも安いとも限りません。それぞれ利用者によってスタイルもさまざま、ひとつとして同じものがないのが“引っ越し”であり、料金に定価はなく、業者によって強み・弱みも大いにあります。あなたの引っ越しプランに最適なサービスを、最安で提供してくれる業者を選び出すことが重要なのです。

とはいえ、数ある業者の中からどうやって見つければ良いか困ってしまう方は多いでしょう。1社1社問い合わせるのは、時間も手間もかかる大変な作業ですし、必要以上に個人情報を開示しなければならないのも気になるところです。

そこで活用したいのが、引っ越し料金の一括見積もりサイトが提供するサービスです。現在の居住地と引っ越し先、おおまかな荷物の量など必要情報を入力すると、対応可能な業者の複数から一度に見積もり結果を得ることができます。

時間や場所に関係なく、ネット環境さえあれば利用でき、忙しい人でもすぐに料金を抑えることができる方法ですから、利用しない手はありません。いくつか候補を絞り込み、クチコミ情報を確認したり、より詳しい見積もりをとってもらったりすれば、さらに確実です。

時期は重要!繁忙期でも諦めないで!

引っ越し料金に大きく影響する要素として、業者と並んで重要度の高いものに時期があります。耳にしたことがある方も多いかもしれませんが、同じ条件の引っ越しでも、需要が高い繁忙期と、比較的空いている閑散期では、まるで違う料金になります。

一般に春の新生活に備えた3月、4月、また長期休暇のある8月などは高額で、それ以外の時期、とくに6月、7月や9月頃は、年間でも最安となっています。また、月の中では月末の方が需要が高いため上旬・中旬の方が、平日と土日祝日では土日祝日の方が割増料金になるため平日の方が、それぞれ安くなります。日程に融通を利かせられるなら、閑散期の平日、月末以外を選びましょう。

また、一部に仏滅の引っ越しを嫌う方もあることから、繁忙期でも仏滅なら空いているというケースがあり、仏滅の日を選択すると、値引き交渉に応じてもらえることもあります。日柄などは気にならないという方は、検討してみてください。

どうしても繁忙期の休日など、高い料金設定の日程で引っ越しをしなければならない場合も、諦めず時間帯に注意してみましょう。業者によりますが、時間帯指定が可能な場合があり、およそ、午前に作業を開始する午前便、午後スタートの午後便、時間指定を行わないフリー便の3タイプに分かれますが、そうしたケースでは、午前便、午後便、フリー便の順に料金が安くなります。

できるだけ早めに引っ越し計画を立て、ニーズの少ない時期の利用を目指すこと、仕事や学業の都合で日程に余裕がない場合も細かく日や時間帯にこだわってみること、こうした工夫をすれば、引っ越し料金を安く抑えられます。

できることは自分で!不用品は賢く処分!

選定した業者にもよりますが、引っ越し業者のほとんどは提供するパックにさまざまなオプションを付けています。当然ながらこれらサービスは利用するほど高額になるため、不要なオプションを外すと料金が安くなります。

家具・家電の設置サービス、段ボールの用意と処分、荷造り・荷ほどき、ハウスクリーニング、ゴミ・不用品の処分といったメニューは、比較的手軽に自分でもできるもので、カットすると節約効果の高いものです。自分でできることは自分でする、これを基本にして内容を見直せば、より安い料金を引き出せるでしょう。

不用品の処分も大きなポイントです。引っ越し業者のサービスを利用するより、フリマアプリやリサイクルショップを利用して売れるものは売り、あとは自治体の一般ゴミ回収、粗大ゴミ回収でこまめに処分するようにすれば、費用をかけず、場合によってはちょっとしたお小遣いを得られる可能性もあります。

自治体の粗大ゴミ回収サービスは、事前に申請を出しておくなど、ある程度利用までに時間を要することも多いため、早めに利用方法を確認し、計画的に動くよう心がけてください。

不用品の処分がきちんと完了し、全体として運ぶ荷物量を減らすことができれば、それだけ引っ越し料金そのものも安くなります。なぜなら料金の算定は、運ぶ荷物の量、それに応じた人件費とトラックにより決まるところも大きいからです。荷物はできるだけコンパクトに、不用品は早めに処分して引っ越し準備を進めましょう。

いかがでしたか。引っ越し料金を安く抑えるポイントを解説してきました。とにかくコツコツとできることから早めに着手すること、計画に余裕をもって進めることが、こうした節約テクニックの効果をより高めるコツになります。ぜひ早めの準備でお得に、納得の引っ越しを完了させ、素敵な新生活をスタートさせてください。

(画像は写真素材 足成より)

Recommendおすすめ記事


上京するなら「Tokyo Dive」

この記事を読んで「ちょっと上京してみたいかも?」と思ったそこのあなた!!

Tokyo Diveで上京してみませんか?


今回ご紹介するTokyo Dive(トーキョーダイブ)とは、20代の今だからこそ!上京して東京を体験してみたい!と思っている方に、お仕事とお住まいを同時に提供する「上京サポートサービス」です。

Tokyo Diveのここが魅力!!

■お仕事サポート充実!

専門の「上京カウンセラー」が上京前から、東京生活が始まってからもあなたをしっかりとフォロー!あなたにピッタリなお仕事を紹介します!

■住まいサポート充実!

お仕事のご紹介だけはなく、一緒にお住まいもご紹介!大手不動産会社と提携しており、居住エリアやスタイルなど様々な物件を紹介できます!

■初期費用が圧倒的に安い!

シェアハウス大手の「クロスハウス」や大手不動産会社の「エイブル」などと契約!敷金・礼金・仲介手数料が0円

しかも、TokyoDiveが借り上げている「TokyoDiveシェアハウス」なら家賃も無料!(共益費1万円はかかります)

※シェアハウスの場合
※ワンルーム賃貸の場合も初期費用を大きく抑えることが出来ます

さらに、TV・ベッド・冷蔵庫などの家具家電も無料でついてくる物件も!
Tokyo Diveを利用すると、高くつくときは60万円も必要な初期費用が、なんと0円~上京できる!

仕事が見つかり、初期費用も安く抑えられ、憧れの東京生活を実現する!

それがTokyo Dive!上京するならTokyo Dive!

もしもご興味のある方は、こちらから【無料登録】してみてください!


もっともっとトーキョーダイブについて知りたい方はこちら