私のこだわりはここ!みんなの住まい選びインタビューPart2|東京の仕事と住まいならTokyo Dive

Tokyo Dive
0120-92-4232
月~金曜日 9:30-18:30

menu

上京ブログ

上京ニュース2019.05.09

私のこだわりはここ!みんなの住まい選びインタビューPart2

こんにちは!Tokyo Dive編集部です!東京といえば、日本の最先端の場所!日本全国、世界中から、オシャレな人・物・お店が集まる場所ですよね!地方在住の方であれば、「1度きりの人生、東京で暮らしてみたい…!」と考えたことがあるのではないでしょうか?実際、毎年多くの方が地方から上京し、新生活をスタートさせています。一体彼らは何を重要視して住まいを選んだのでしょうか?

そこで本記事では、上京経験者への独自インタビューをもとに、「こだわりの住まい選び」についてご紹介したいと思います!春も近づきそろそろ暖かくなるころ。新しいことを始めるにはベストなこの時期、上京するかどうかを考えている方はぜひ参考にしてみてください!きっと上京するためのヒントをつかめるはずです。こちらに「私のこだわりはここ!みんなの住まい選びインタビューPart1が記載されています。

11:広々した空間

「僕は上京する前から付き合っていた彼女との結婚を視野に入れて考えていました。東京で働き始めて半年くらいで彼女を自分の家へ呼び、同性生活を始めようと考えていました。なので、2人で生活しても余裕を持って生活できる1LDKの部屋を希望していました。LDKはリビングダイニングキッチンの略語で全体で8畳以上、キッチンが独立している場合も多いと不動産業者から話を聞いていました。

3つほど物件を紹介してもらったのですが、最終的に決めた部屋はリビングが広く、食べたりくつろぐ場所と寝る場所が分けられている、1人暮らしはもちろん2人でも余裕で生活できるスペースがあることから今住んでいる家に決めました。現在は彼女と2人で暮らしておりもうじき結婚予定です。」(練馬区・22歳)

誰と過ごすか、先を考えてお部屋選びをされたみたいですね。また東京って家賃や物価が高いんじゃないの?と思う方が多いと思いますが、練馬区だと東京の中心地から少し距離があるため家賃をおさえてもいいおうちに住むことができるみたいです!東京で少し広めの部屋数あるおうちに住みたい!だけどコストをおさえたい!という方に練馬区はおすすめです。ぜひ東京でお家探しする場合は検討してみてくださいね。

12:徒歩圏内

「東京で住む場所を選ぶときは、徒歩圏内ということを優先しました。東京は地方と違って電車の混み具合がすごいと聞いていましたが自分の住む埼玉県和光市では電車が混んでいて座る場所がぎりぎりなくなってしまうようなところだったので、東京に住むなら会社まで電車を使わずに通勤できる場所にする!と決めていました。実際東京に住み始めて会社まで徒歩15分と、歩く時間はかなり長かったですが同僚の通勤ラッシュの話しを聞くとあらためて徒歩圏内にしてよかったなと感じています。普通にマンションやアパートを借りられると高いのですがシェアハウスにしたので都心に近くても家賃が安くお金のことを気にすることなく住めたのがよかったと思っています。」(調布市・20歳女性)

駅まで徒歩10分と言う距離は、毎日使うことを考えると、とてもいいですね。調布市はおしゃれな街で、ファミリー層も多く住んでおり、治安もよく、学生や上京デビューする方も住みやすいと思います。最寄り駅の近辺に、お店がたくさんあるというのもいいですね。実際に生活する上で、近くにお店がいっぱいあるということはとても大切なポイントだと思います。

13:オートロック

「東京は物騒だと両親や東京に行ったことがある地元仲間から話を聞いていました。私は人がたくさんいてにぎやかな環境が好きなのですが、両親は1人暮らしの家での安全性を心配していたため、話し合った結果、ある程度にぎわっていて自分の好きな駅周辺に住むことは変えずにオートロックのセキュリティーがしっかりしている家に住むことに決めました。親としても安心したらしく快く上京する私の背中を押してくれました。東京は住んでいる人が多いぶん犯罪の可能性も高くなります。セキュリティー面や住む場所はよく考えて物件を決めた方がいいと思いました。」(世田谷区・21歳女性)

職場からのアクセス、そして実際に住む周辺環境や治安は女性にとってだいじですよね。実際に駅の周りの雰囲気を確かめてから、家を探したということですが、実際に自分で足を使って運ぶということはいろいろな発見、気づきがあり本当に大切な事だと思います。安全面を理由に上京を反対する両親にはオートロックの家に住む、と言うことで説得できるかもしれません!

14:駅チカ

「私はもともと足腰が悪く、長い時間歩けません。ですから家を選ぶときは駅までの道があまりでこぼこしておらず、坂や階段がないということを条件に定めました。アパ―トも階段が低く足に負担がないということで決定しました。住むことにした町田駅は小田急線で新宿まで1時間足らずで出ることが可能ですし、駅周りは栄えており数々の商業施設もあります。アパートの近くは住宅街で静かでスーパーなども充実しており生活にはとても便利でした。」(町田市・21歳女性)

上京してきた人から頻繁に「東京に来てからよく足を使うようになった。地元では車をよく使うので歩くことはあまりなかったから少し驚いている。」とのことです。都内はビルや建物が多く、東京でのいどうは基本的に電車です。ですから地元で車生活を送っていた人からしたら歩く機会が大きく増えるということです。。また住宅街にいくと坂の上に家があったり、入り組んでいた地形になっていたり、ということも。もともと歩くのが好きでない、足腰が弱い、という方は駅から家までの道がどうなっているのか、というところも要チェックです!

15:インターネット利用が無料

「私が現在住んでいる物件の何よりの決め手だったことは、インターネットが無料で使用できた、ということです。私は有名人が発信している動画やYou tubeをみることが趣味なのでネット利用量が多く、月の半ばごろから速度制限がかかっていました。私が住むことを決めた家ではネット使い放題のため、今までは月半ばで速度制限がかかっていたところ、上京してからは月の最終週までもサクサク携帯が使えるように!You tubeや動画、インスタストーリーを速度制限気にすることなくみれる環境が整っていたので、そこに決めました。」(大田区・24歳女性)

毎月最終週になると携帯の通信制限に悩まされる経験はありませんか?外でついつい携帯を使いすぎちゃった、電車のなかで動画をよくみる方は心当たりがあるかもしれません。携帯がサクサク動かなくなると少しイライラしてしまうものです。そんなことをもう気にすることなく使用料無料で自分の好きなだけ、インターネットがつながるのはいいですね。ネットをよく使うかたはこんなところも気にしてみてはいかがでしょうか?

16:自転車通勤可能

「会社へのアクセスを第一に考えていたので、会社に近いという条件に絞って賃貸を探しました。私より先に上京している東京の友達がオフィスワークをしているのですが、座りっぱなしでパソコンにずっと向き合っているので体を動かす機会がほんとうになくなる、と嘆いていました。なので私は友達の話を参考にして家から会社まで15分で通う事ができる場所に住むことを決めました。多少駅から遠くても自転車なら無理なく行ける範囲なのでこれでよかったなと感じています。自電車通勤を始めてから休日の趣味が自転車になり楽しく過ごせています。」(杉並区・28歳男性)

自分が上京して新しい家に住む上で何を重視するのか、明確にするということがだいじですよね。実際に家を選んでみるとわかるのですが、家選びをはじめるといろいろな物件があり、どれを選べばいいのかわからなくなってしまうことがあります。そんな中でよくある声に耳を傾けてみると会社から家までの距離が近いと通勤が楽だよという話しを聞くことがありますが、自転車で通えると健康にもよさそうですね!徒歩圏よりすこし距離に含みがあるため、より安くていい物件も見つかるかもしれません。もともとサイクリングが趣味の方にはぜひ自転車通勤できる距離に住むことはおすすめです。

17:友人とすぐに会える距離

「僕の趣味はゲームです。ゲーム友達に誘われて上京しました。基本的にゲーム仲間と集まるときは秋葉原かみんなの住まいの中間地点である新宿でした。新宿から秋葉原までは電車で15分程度の距離感で、僕はみんなですぐに集まることができる位置に居たかったので新宿周辺で物件を探しました。もちろん新宿は商業施設やショッピング施設が多く並び、物価が高いです。ですから選んだのはシェアハウスです。

シェアハウスに住むことで家賃をおさえながら新宿で生活できています。また最近ではシェアハウスに住んでいる友達がゲーム友達と仲よくなったので3人で遊びに行く予定を立てています!少し物価が高いなと感じてもシェアハウスならばそれを解消できます!(新宿区・24歳男性)

仕事いがいで自分の行きつけの場所がある、という方はその場所から家までの月の交通費を考えておいたほうがいいでしょう!地元ならば少しの距離でも車でいけると思いますが、東京の場合中心地に行けば行くほど車でいどうすることは難しくなります。ですから趣味でよく行く場所があるような方は距離感をあらかじめ確かめておいた方がいいでしょう。

18:食事付き物件

「私はとにかく稼げる人間になりたいと強い想いを持って上京しました。なので上京する前から仕事で忙しくなるんだろうなと予想して東京に出てきました。案の定、私は楽しく働いています。一番よかったなと思うことはあらかじめ上京したら忙しくなり仕事終わりに料理する気力は残ってないだろうと読んでいたので食事付き物件にしました。結局食事付き物件に住んだことで栄養バランスの整ったご飯を食べれています。また建物には管理人さんが常駐しているため、朝の「いってらっしゃい」と「おかえり」の声をかけてもらえています。この家のおかげで自分の生活を保てていられるように感じています。」(三鷹市・27歳女性)

家に帰ってきて誰かが迎えてくれる、また家を出るときに明るくお見送りをしてくれるとうれしいですよね。得に田舎では地域の関わりや関係性が深いため東京にでてきたときに寂しくおもう人もいるそうです。1人暮らししてからだとついつい外食が多くなってしまったり、忙しいとコンビニで済ませようと考えることもあると思います。そんなときに栄養バランスがしっかり整ったご飯を食べられるっていいですよね。ちょっと値段が高かったり、上京予算がある方は検討されてもいいのではないでしょうか?

19:居住プラン

「選んだ当時は家賃のことお金のことを最優先に考えていましたので、少し遠いところにコンビニとかあればいいなという考えでした。20分歩くくらいならそんなに負担にならないだろうと思っていました。実際見に行ってみると都内の中心地に比べてとても静かでゆったりとした雰囲気で、田舎から来た私には空気や雰囲気がとてもいいなと感じてすぐにここにすると決めました。田舎者には夜までガヤガヤしているところでは心も休まらないです。」(板橋区・20歳女性)

家賃と光熱費込みで4万円というのはとてもお得ですね。あまり都会すぎても夜までガヤガヤして心が休まらないということは確かにあると思います。実際に住むということでしたら便利さ、そして落ち着きが持てるような心の平穏が得られるよ場所を選ぶというのはとても大切なことだと思います。

20:日当たり良好

上京Q&A

「私の姉が東京の大井町に住んでいて家族の意向もあり、私も大井町周辺で物件を探すことにしました。エリアが決まっていた中で私が何を重視して物件を選んだかというと「日当たり」です。地元に住んでいたとき、実家は農家をやっていたので両親も日当たりを気にしていました。太陽の下過ごしてきたので、東京であろうとしっかりと日を浴びるということを重視して考えました。

実際に日当たりのいい部屋に住めたため、日中は家の電気を付けなくても明るく、洗濯物も早く乾くというメリットがありました。日当たり重視して家選びをしてよかったと思います。」(品川区・23歳女性)

太陽の光が入る、入らないだと全く部屋の雰囲気が変わりますよね。太陽の日が入らず暗くて閉鎖感のあるような部屋を好む方もいるとは思いますが、太陽の光が部屋に差し込むことで光熱費の節約、洗濯物の早乾燥、というメリットがあるそうですね!自然の光を浴びて日光浴をしたり、お天気がいい日はベランダにでて昼寝してみたり、1人暮らしの新生活も明るく過ごしていけそうですよね。ぜひ日当たりのいい部屋を検討してみてください。

いかがだったでしょうか?東京の家探しのこだわりはひとそれぞれでしたね!趣味を中心に考える家探し、コストをおさえた家探し、職場を優先した家探し、電車の路線やアクセスを重視した家探し、まず自分は何を目的に上京したいのかを考えた上で物件を考えた方がよさそうですね。この記事を読んで少しでも家探しのイメージが付いたなら幸いです。

Tokyo Dive編集部

Recommendおすすめ記事


上京するなら「Tokyo Dive」

この記事を読んで「ちょっと上京してみたいかも?」と思ったそこのあなた!!

Tokyo Diveで上京してみませんか?


今回ご紹介するTokyo Dive(トーキョーダイブ)とは、20代の今だからこそ!上京して東京を体験してみたい!と思っている方に、お仕事とお住まいを同時に提供する「上京サポートサービス」です。

Tokyo Diveのここが魅力!!

■お仕事サポート充実!

専門の「上京カウンセラー」が上京前から、東京生活が始まってからもあなたをしっかりとフォロー!あなたにピッタリなお仕事を紹介します!

■住まいサポート充実!

お仕事のご紹介だけはなく、一緒にお住まいもご紹介!大手不動産会社と提携しており、居住エリアやスタイルなど様々な物件を紹介できます!

■初期費用が圧倒的に安い!

シェアハウス大手の「クロスハウス」や大手不動産会社の「エイブル」などと契約!敷金・礼金・仲介手数料が0円

しかも、TokyoDiveが借り上げている「TokyoDiveシェアハウス」なら家賃も無料!(共益費1万円はかかります)

※シェアハウスの場合
※ワンルーム賃貸の場合も初期費用を大きく抑えることが出来ます

さらに、TV・ベッド・冷蔵庫などの家具家電も無料でついてくる物件も!
Tokyo Diveを利用すると、高くつくときは60万円も必要な初期費用が、なんと0円~上京できる!

仕事が見つかり、初期費用も安く抑えられ、憧れの東京生活を実現する!

それがTokyo Dive!上京するならTokyo Dive!

もしもご興味のある方は、こちらから【無料登録】してみてください!


もっともっとトーキョーダイブについて知りたい方はこちら