業界まるわかりシリーズ「ホテルスタッフ」|東京の仕事と住まいならTokyo Dive

Tokyo Dive
0120-92-4232
月~金曜日 9:30-18:30

menu

上京ブログ

就活テク2019.04.09

業界まるわかりシリーズ「ホテルスタッフ」

こんにちは!Tokyo Dive編集部です!
多くの人にとってホテルは旅行などで利用する非日常の特別空間だと思います。さまざまあるサービス業の中でもホテルは特にハイレベルなサービスを提供しています。ホテルで過ごすひとときは安らぎがあり快適なもの。そんな快適さを支えてくれているのがホテルスタッフです。ホテルで働くスタッフは一体どのような仕事をしているのでしょうか?今回はホテルスタッフの具体的な仕事内容や働くことで得られるスキルなどをご紹介します。

お仕事データ

・月収目安:19万~25万
・お仕事難易度★★★☆☆

仕事内容

ホテルという一つの建物の中にはいろいろな役割の人がいて、連携し合いながら仕事をしています。例えばチェックイン・アウト対応や館内利用説明をするフロントスタッフ、お客さまが到着したら荷物をお部屋まで運ぶベルスタッフ、料理を提供するレストランスタッフなど、さまざまな役割の人が協力し合ってお客さまをおもてなしします。今回はTokyo Diveからも数多くの人が働いているホテルでの電話受付とレストランスタッフについてご紹介いたします。

電話受付

宿泊に関する予約のほか、ホテルによっては宴会場やレストランの予約受付対応、管理を行います。宿泊の事前予約は電話で受けて予約状況をパソコン画面で確認しながらお客さまの部屋を確保します。予約管理はパソコンを使って行っているホテルが多いため、ある程度のパソコンのスキルを求められます。インターネットのサイトを見てお問合せがあったり、旅行会社からの一括予約にも対応します。

他にも見積書を作成し個々のお客さまの質問やリクエストに対応し、お客さまが安心して宿泊できるように準備したり、反対にキャンセルや変更にも対応します。Tokyo Diveが取引している企業は外資系ホテルが多く、場合によっては海外からのお客さまに対して英語で対応する場合もあります。もし英語でやりとりすることができれば、電話受付で働く際に武器になるでしょう。

レストランスタッフ(ホール)

ホテル内にあるレストランで、料理の配膳やメニューの説明、ドリンク提供などを行います。ホテルで働くスタッフは立ち振る舞いや言葉遣いをお客さまから見られており、コース料理の場合は数時間お客さまと関わることになるため、丁寧な接客と感じのよい対応が求められます。

必要なスキル

ホスピタリティ

誰かのために何かをしてあげたい、人が喜んでる姿をみるとうれしくなる、などホテルで働いてる人は少なからずこのような気持ちをいだいていると思います。例えば、ホテルでなくともアルバイトで接客業に携わり、おもてなしをすることに喜びを感じる人などに向いています。自ら気づいて相手のために行動することができるようなホスピタリティはホテルスタッフに必要なスキルです。

協調性

ホテルスタッフは、他の役割を担うスタッフと一緒に働くお仕事です。お客さまからしたらホテルスタッフはみんなホテルスタッフです。ですから、仕事をするなかで自分の担当外の質問をいきなり受けることもあります。そんな時に「私は担当ではありませんから分かりません。」と言ってしまえばクレームになり、二度とホテルに来てくれなくなってしまう、なんてことも。ホテルスタッフとして「自分はチームの一員だ」という意識を持ち、進んで他の役割を担うスタッフと連携する必要があります。

身につくスキル

ビジネスマナー

電話受付の場合、宿泊の受付からホテルに関する問い合わせまでさまざまな方とやりとりをしていきます。どんなお客さまに対しても礼儀ただしい接客をしていくことが必要です。基本的な接客マナーはもちろん、さらに一歩踏み込だコミュニケーションが身につきます。

観察力

ホテルのホールで働く場合、常にお客さまの様子をみて動くことが求められます。ファミリーレストランのようにスタッフを呼ぶベルがないホテルが多く、お客さまにドリンクやデザートをお出しする希望のタイミングを伺い、丁度よい頃合いで提供しなくてはなりません。働き始めるころからこのスキルを発揮することは難しいですが、働きながら先輩に習ううちにタイミングをつかめるようになります。

ホテルで働くいいところ

世界中の人と関わり合える

ホテルで働くことで、海外の人と関われるようになります。日本国内にいながら外国人を相手に仕事をする機会はあまり多くありません。特に東京にある外資系ホテルチェーンであれば多国籍なお客さまがホテルを利用します。例えば世界的な会議の会場になったり、パーティーや宴会で利用される場合などはテレビでみたことあるようなセレブにも出会えるかも知れません!文化や宗教により食事やお部屋のニーズも異なるので、海外に興味がある方にとって、ホテルでの勤務経験は異文化理解を深めるいい機会にもなるでしょう。

サービス業を極めることができる

ホテル業はお客さまへくつろぎのひとときを提供するためサービス業、ホスピタリティ産業の頂点とも言えます。おもてなしや接客を極めたいと思うのであればホテル業界でスキルを身に付けていくと、誰とでも柔軟に働けるようになります。また外資系ホテルであればスタッフへのトレーニングに熱心な傾向があり「必要なサービススキル」も定義化されているので、世界基準のサービススキルを身に付けることができます。

キャリアアップの流れ

正社員になる

ホテル業界には派遣社員として活躍している人が多いとされています。特に飲食部門でホテル内レストランや宴会サービスでは多く働いています。派遣社員といえどもユニフォームに袖を通したら、お客さまに質の高いサービスを提供する立派なスタッフの一員として見られます。前職でサービス業の経験があったり、英語力などスキルを持っていればアピールポイントになるでしょう。派遣として一通りの仕事をこなせるようになったあとに、正社員として働くという選択肢も考えてみてはいかがでしょうか。

いかがだったでしょうか?ホテルマンはおもてなしを極めたい、海外の人と関わりながら仕事をしたい、という方におすすめの職業です。電話受付は、ときに英語を使ってお客さまのお部屋を予約したり、レストランスタッフはラグジュアリーな環境でお食事する人をもてなしたり、自分も落ち着く環境に身を置きながら働くことができるお仕事です。外資系の高級ホテルであればお客さまからある程度の質を求められるので、決して楽なことばかりではないですが、とてもやりがいのある仕事です。

2020年の東京オリンピックを控えて、ますます海外からの観光客数は増えていきます。各ホテルでも従業員の募集枠を増員しているので、コツコツ頑張って働いたらキャリアアップも大いに期待できます。東京のホテルだからこそ有名人やセレブに偶然出会えちゃうなんてことも!ホテルで働くからこその貴重な経験がたくさんあなたを待っているはず。業界理解に少しでも役立つことができたら幸いです☆

Tokyo Dive編集部

Recommendおすすめ記事


上京するなら「Tokyo Dive」

この記事を読んで「ちょっと上京してみたいかも?」と思ったそこのあなた!!

Tokyo Diveで上京してみませんか?


今回ご紹介するTokyo Dive(トーキョーダイブ)とは、20代の今だからこそ!上京して東京を体験してみたい!と思っている方に、お仕事とお住まいを同時に提供する「上京サポートサービス」です。

Tokyo Diveのここが魅力!!

■お仕事サポート充実!

専門の「上京カウンセラー」が上京前から、東京生活が始まってからもあなたをしっかりとフォロー!あなたにピッタリなお仕事を紹介します!

■住まいサポート充実!

お仕事のご紹介だけはなく、一緒にお住まいもご紹介!大手不動産会社と提携しており、居住エリアやスタイルなど様々な物件を紹介できます!

■初期費用が圧倒的に安い!

シェアハウス大手の「クロスハウス」や大手不動産会社の「エイブル」などと契約!敷金・礼金・仲介手数料が0円

しかも、TokyoDiveが借り上げている「TokyoDiveシェアハウス」なら家賃も無料!(共益費1万円はかかります)

※シェアハウスの場合
※ワンルーム賃貸の場合も初期費用を大きく抑えることが出来ます

さらに、TV・ベッド・冷蔵庫などの家具家電も無料でついてくる物件も!
Tokyo Diveを利用すると、高くつくときは60万円も必要な初期費用が、なんと0円~上京できる!

仕事が見つかり、初期費用も安く抑えられ、憧れの東京生活を実現する!

それがTokyo Dive!上京するならTokyo Dive!

もしもご興味のある方は、こちらから【無料登録】してみてください!


もっともっとトーキョーダイブについて知りたい方はこちら