新生活スタート!上京した子供への仕送りは?|東京の仕事と住まいならTokyo Dive

Tokyo Dive
0120-92-4232
月~金曜日 9:30-18:30

menu

上京ブログ

上京ニュース2019.03.26

新生活スタート!上京した子供への仕送りは?

上京した子供への平均仕送り額は、年間約109万円

上京する我が子に、みんなはいくら仕送りをしているのでしょうか?また、仕送りはどんなことに使われているのでしょうか?

2017年に株式会社グローバル・リンク・マネジメントが調査した、「上京時の住環境・仕送りに関する意識調査」から、仕送りや使い道についてご紹介します。

参照:グローバル・リンク・マネジメントのプレスリリース

上京した子供がいる親に対する調査結果によると、平均の仕送り額は、年間約109万円 でした。これは、月額だと平均約91,000円ということになります。

親の住む地域別に仕送り額を見ていくと、四国地方からの仕送り額が最も高く、その次が北海道と東北地区になっています。

 

 

そもそも仕送りをしている親はどれくらい?

子供が上京している期間に、仕送りをしていた親の割合は、49.8%と約半数でした。地域別に仕送りする家庭の割合を見ていくと、東北地方が74%で最多になっており、次いで中部地方の70%になっています。

東北地方(青森・岩手・宮城・秋田・山形・福島県)は、 最も仕送りする親の割合が高く、仕送り額も最も多いという結果でした。

東北の親御さんたちの、子供への期待やできるだけ支援をしてやりたいという愛情を感じますね。
仕送りの金額は何につかわれている?上京して一人暮らしをすると、家賃はもちろん、水道代やガス代、食費や交通費、衣料代など、暮らしていくためのお金がかかります。仕送り額は実際にはどんなことに使われているのか、というのも知りたいポイントかと思います。

調査によれば、仕送り額のなかで一番高額だったのは、やはり家賃でした。家賃として使っていた金額の平均月額は約55,000円です。

仕送り額の平均月額が91,000円のため、6割近くを家賃が占めています。残りの36,000円と自分の収入を足して、水道代や食費などをまかない生活している、ということですね。

東京は物価が高いと言われていますが、学生でもアルバイトができると思いますので、贅沢をしなければ、十分暮らしていけます。
でも家賃はもったいないと感じているしかし、仕送り額の6割を占める家賃については、20%近くの親が、「無駄な出費だと思う」と回答していました。家を購入するのとは違い、掛け捨てで後に何も残らない、ということに対する抵抗感があるようです。

確かに、「親と同居をすればタダなのに、毎月55,000円も支払い続けるのはもったいない!」と思ってしまいますよね。または、そのお金を家の購入に充てられないだろうか、という思いもあるかもしれません。

地方では、代々土地や家を所有している家庭も多く、家賃を支払ったことがないという人もいます。家は親からもらうものという意識が強い地方では、掛け捨ての家賃は、よりもったいないように感じられるのかもしれません。
人気があるのは、中野区東京では、住む地域によって家賃が大きくかわります。千代田区や中央区、港区では、一人暮らし用のワンルームでも月額家賃相場は10万円以上になっています。

調べによると、上京した子供たちが、実際に一番多く住んでいたエリアは中野区でした。中野区はJR線や総武線、地下鉄の東京メトロなど、東西に鉄道が多く交通網が充実しています。

中野区は家賃が比較的安いのに、大型のショッピングセンターもあり、交通の便がいい場所です。若者が一人暮らしをするのに最適な街でもあります。
子供への仕送りは大変だったか?子供への毎月の仕送り工面が大変だったか、という質問に対して、半数近くの親が「大変だった」と答えています。また、同じ額の仕送りを送れない月があったという方も、8%近くみえました。

賃貸物件の決め手も6割近くの方が、広さや築年数よりも、家賃を重視して決めています。家賃が高くても素敵な物件にひかれてしまいますが、堅実な選択をするほうが、無理なく生活することができそうです。

(画像は写真ACより)

Recommendおすすめ記事


上京するなら「Tokyo Dive」

この記事を読んで「ちょっと上京してみたいかも?」と思ったそこのあなた!!

Tokyo Diveで上京してみませんか?


今回ご紹介するTokyo Dive(トーキョーダイブ)とは、20代の今だからこそ!上京して東京を体験してみたい!と思っている方に、お仕事とお住まいを同時に提供する「上京サポートサービス」です。

Tokyo Diveのここが魅力!!

■お仕事サポート充実!

専門の「上京カウンセラー」が上京前から、東京生活が始まってからもあなたをしっかりとフォロー!あなたにピッタリなお仕事を紹介します!

■住まいサポート充実!

お仕事のご紹介だけはなく、一緒にお住まいもご紹介!大手不動産会社と提携しており、居住エリアやスタイルなど様々な物件を紹介できます!

■初期費用が圧倒的に安い!

シェアハウス大手の「クロスハウス」や大手不動産会社の「エイブル」などと契約!敷金・礼金・仲介手数料が0円

しかも、TokyoDiveが借り上げている「TokyoDiveシェアハウス」なら家賃も無料!(共益費1万円はかかります)

※シェアハウスの場合
※ワンルーム賃貸の場合も初期費用を大きく抑えることが出来ます

さらに、TV・ベッド・冷蔵庫などの家具家電も無料でついてくる物件も!
Tokyo Diveを利用すると、高くつくときは60万円も必要な初期費用が、なんと0円~上京できる!

仕事が見つかり、初期費用も安く抑えられ、憧れの東京生活を実現する!

それがTokyo Dive!上京するならTokyo Dive!

もしもご興味のある方は、こちらから【無料登録】してみてください!


もっともっとトーキョーダイブについて知りたい方はこちら