浮かれすぎにご注意!上京した人の発言集|東京の仕事と住まいならTokyo Dive

Tokyo Dive
0120-92-4232
月~金曜日 9:30-18:30

menu

上京ブログ

上京ニュース2019.02.10

浮かれすぎにご注意!上京した人の発言集

浮かれ発言にご用

心東京で刺激的な楽しい生活をしていると、嬉しくて浮かれてしまう人がいます。しかし、いくら嬉しいからといって、あまりにも浮かれた態度をとると、地元の友達の反感をかってしまうことがあります。

上京前に東京への期待や憧れを抱きすぎて、自分が成功者であるかのように振る舞ってはいませんか?また、同窓会や正月などに帰省したときに、標準語で東京の自慢ばかりをしてしまうのも、よくやってしまう失敗のひとつです。

「あいつは東京に行って変わってしまった」と言われないためにも、浮かれすぎた発言には、くれぐれも注意しましょう!

地元の仲間の反感をかいやすい行動を、いくつかご紹介しますので、参考にして下さいね。

 

 

「東京案内してやるよ」

上京前には、うきうきしてインターネットで行きたい店などを探し、妄想を膨らませてしまいがちです。しかし、インターネットで集めた情報で、もう住んでいるような気持ちになり、友人に東京の話ばかりをすると嫌がられます。

「東京に遊びに来たら、東京案内してやるよ」という言葉は、「えっ、お前もまだ上京してないだろ!」と突っ込みたくなるセリフです。

上京して東京に詳しくなってからならともかく、まだ上京してもいないのに「東京案内してやるよ」と、上から目線で言うのは止めておきましょう。

東京に遊びに来てほしい気持ちを表現するときは、「遊びに来てくれるなら、迷わないようにしておくよ」くらいに、控えめに表現するといいですよ。
「しばらく帰らないと思うわ」、それって上京前の捨て台詞?!「やっと東京に行けるし、しばらく帰らないと思うわ」というセリフは、上京前に言いがちな台詞です。しかし、まるで地元に未練がまったくないように振る舞うと、多くの友人の不評をかいます。

「しばらく帰らないと思うわ」の後に、「(こんなところには帰りたくない)」という気持ちを感じて、不愉快に感じるのです。

しかし、こんなセリフを残していくと、帰りたいときに帰れなくなります。わざわざ不評をかうのは、止めたほうがいいでしょう。
「お前はどうして上京しないの?すればいいのに!」上京してから、東京での生活が充実していると、地元の友人に「お前はどうして上京しないの?上京すればいいのに!」と自慢げに言ってしまいがちです。

しかし、地元の大学に入学した友人、地元で働いている友人にとっては、自分の進路にケチをつけられたと感じられます。不愉快な発言です。

さらに、友人が上京に興味を示さないと、「上京したほうがいいに決まってるって!」と説教してしまうのも、ありがちなパターンです。

地元に残るという選択を尊重できないと、「勝手なやつ」と思われてしまいます。地元に帰る楽しみを失わないためにも、自分の考えを押し付けず、相手の気持ちを考えながら発言しましょう。
「やっぱり田舎は何にもないな」帰郷して、地元の友人と遊んでいる時には、「やっぱり田舎は何もないな」とぽろっと言ってしまわないように、気をつけるべきです。

確かに、東京に比べると、何もないと感じられるかもしれません。でも、田舎の出身なのに東京生まれのような顔をするな、といらいらされてしまいます。

田舎に帰ったら、田舎の綺麗な空気や綺麗な景色を味わい、田舎ならではの良さを友人に伝えてあげましょう。
「店が閉まるの早すぎ!」地方では、東京と違いレストランや居酒屋も、早い時間に閉まります。東京に慣れてしまうと、地元で遊んでいる時「店が閉まるの早すぎ!」と田舎はつまらない発言をしがちです。

しかし、この発言を聞いた地元の友人は、住んでいる地元を馬鹿にされたように感じます。「会っても楽しくないから、もうわざわざ会いたくないなあ」と思われることすらあるので気をつけましょう。

田舎に帰ったときは、東京と同じ遊び方をしようとはせず、田舎に合わせて早い時間から行動をはじめればいいのです。

(画像は写真ACより)

Recommendおすすめ記事


上京するなら「Tokyo Dive」

この記事を読んで「ちょっと上京してみたいかも?」と思ったそこのあなた!!

Tokyo Diveで上京してみませんか?


今回ご紹介するTokyo Dive(トーキョーダイブ)とは、20代の今だからこそ!上京して東京を体験してみたい!と思っている方に、お仕事とお住まいを同時に提供する「上京サポートサービス」です。

Tokyo Diveのここが魅力!!

■お仕事サポート充実!

専門の「上京カウンセラー」が上京前から、東京生活が始まってからもあなたをしっかりとフォロー!あなたにピッタリなお仕事を紹介します!

■住まいサポート充実!

お仕事のご紹介だけはなく、一緒にお住まいもご紹介!大手不動産会社と提携しており、居住エリアやスタイルなど様々な物件を紹介できます!

■初期費用が圧倒的に安い!

シェアハウス大手の「クロスハウス」や大手不動産会社の「エイブル」などと契約!敷金・礼金・仲介手数料が0円

しかも、TokyoDiveが借り上げている「TokyoDiveシェアハウス」なら家賃も無料!(共益費1万円はかかります)

※シェアハウスの場合
※ワンルーム賃貸の場合も初期費用を大きく抑えることが出来ます

さらに、TV・ベッド・冷蔵庫などの家具家電も無料でついてくる物件も!
Tokyo Diveを利用すると、高くつくときは60万円も必要な初期費用が、なんと0円~上京できる!

仕事が見つかり、初期費用も安く抑えられ、憧れの東京生活を実現する!

それがTokyo Dive!上京するならTokyo Dive!

もしもご興味のある方は、こちらから【無料登録】してみてください!


もっともっとトーキョーダイブについて知りたい方はこちら