業界まるわかりシリーズ「アパレル」|東京の仕事と住まいならTokyo Dive

Tokyo Dive
0120-92-4232
月~金曜日 9:30-18:30

menu

上京ブログ

就活テク2018.12.19

業界まるわかりシリーズ「アパレル」

こんにちは!Tokyo Dive編集部です!
アパレル業界で働きたいと思っている人は、洋服が好きだったり特定のブランドが好きだから働きたいという方が多いと思います。好きなものに囲まれながら働くことは誰でも1度は憧れる働き方ですよね。アパレル店員の中には洋服好きを極めた結果、アイドル的人気を持つカリスマ店員もいます。中にはこのようなカリスマ店員に憧れてアパレル業界に興味を持ったという方もいるのではないでしょうか?今回はそんなオシャレでキラキラとしたアパレル業界について、みなさんに役立つ情報をお伝えしていこうと思います。

お仕事データ

・月収目安:18~22万円
・お仕事難易度★★☆☆☆

 

仕事内容

アパレル店の業務というと、来店してきたお客さんへの接客業務が思い浮かぶと思います。もちろん接客も大事ですが、アパレル店員が行う業務には他にもたくさんあります。その大まかなものが
・店舗のディスプレイ
・棚卸や出荷
・事務作業
になります。
店舗のディスプレイの配置変えは普通に洋服を買いに行くときは気付きにくいところですが、商品の売り上げに直結する業務です。売れ筋商品を目立つところに移動させるだけでも売り上げは大きく変動します。また、ファッションビルなど店舗の面積が狭いところでの勤務だと、店に置ける商品の数が限られるため、在庫管理は特に重要な業務になってきます。伝票作成や売り上げの集計などの事務作業はそれらの業務を円滑に進めるために必要不可欠です。このようにさまざまな点において注意を払って管理する必要があるため、仕事を続けるうちにアパレル業界に限らずどんな仕事でも役に立つ管理能力が身につきます。

必要なスキル

アパレル店員は特別なスキルは必要なく、業務の難易度が低めなので初心者でも比較的こなしやすいものになっています。特に以下の項目に当てはまる人は、アパレル業界の適性が高いと言えるでしょう。

人と話すことが好き

人と話すことが好きな人は、ご来店されたお客さまとコミュニケーションをとることに対しても積極的に動ける人が多いです。会話の中でお客さまとの心の距離を縮めることで提案を聞いてもらいやすくなるので、活躍しやすい性格だといえます。

洋服が好き

商品である洋服に対して愛着があると仕事に対する意欲が高まり、仕事内容やアパレルに関する知識を覚えるスピードが早くなります。そのため、お客さまに質問された際にも的確に答えられるようになり、店舗の業績UPに貢献できます。

身につくスキル

ファッションセンス

アパレル業界で働いていると、常に新しいファッションに触れることになり、自然と流行色やトレンドファッションの知識がつくようになります。また、アパレル店員はほとんどの場合自社ブランドの服を着用することになり、店舗に立つ自分自身が広告塔としての役割を担うことになるので、服装に気をつかうことが必要です。そのため、毎日コーディネートを考えるなかでファッションセンスが磨かれます。

商品提案力

アパレル業界でノルマがあるところは少ないですが、業績を上げようと思うとお客さまに提案することも必要になってきます。お客さまの希望を伺ったり、お客さまの様子を伺いながら気持ちを考えて提案を重ねるうちに、商品の魅力をお客さまに伝えられる提案力が身に付きます。提案力はどのような仕事にも応用できるので、もしアパレルで働いた後に違う職に就いたとしても活かせるスキルです。さらに、自分がおすすめした商品をお客さまに買ってもらえる喜びを得られるようになります。

アパレルの良いところ

社員割引で服が安く買える

アパレル店員は仕事で自社ブランドの服を着ることになるため、社員割引で服が安く買えるところが多いです。その相場は店によってさまざまですが、場合によっては半額、それ以上になることも……!お気に入りのブランドで働いている方や流行の最先端にいたいという人にとって、誰よりも早く安く新作を手にできる点は魅力的だと思います。また、洋服代が安く済むことで、洋服好きの人は他の職に就くよりも生活費を圧迫することなく娯楽を楽しめる点もメリットです。

服装をほめてもらえる

アパレル店員は基本的に自社ブランドでシーズンに合った服であれば好きな服装をしていて構いません。そのため各々好みの服を着ている人が多いのですが、お客さまが自分の服装を気に入って声をかけてくださることがあります。仕事の中で自分のセンスをほめていただけるので、洋服好きな人はとてもやりがいを感じられると思います。さらに自分の服装を気に入ってくれたお客さまがその服に興味を持ち、売り上げにつながることもあります。自分が好きな服をほめてもらえるうえ、売上UPにまで貢献できる点はアパレルにしかないメリットです。

キャリアアップの流れ

正社員になり、店長になる

アパレル店員はアルバイトや派遣から始めても、努力して良い成績を収めていれば正社員になれるチャンスがある職業です。日頃から魅力的なディスプレイのしかたについて考えたり、お客さまの様子に気を配って提案の仕方を工夫するなど、積極的に動くようにしましょう。その店になくてはならない看板店員を目指すことで、会社があなたを手放したくなくなるため、正社員にキャリアアップできる可能性が高まります。

エリアマネージャーやマーチャンダイザーになる

エリアマネージャーの目的は「売れる店」を作り上げることです。その活躍の場は幅広く、デスクワークもあれば、ショップ店員と同じく現場の最前線に立って接客することもあります。エリアマネージャーは店長の上司という立場にありますが、販売員として店頭に立つことも少なくありません。「売れる店」を作るためには客観的に店舗を見る必要があります。実際に店舗に立つことで初めて見えてくる問題点もありますし、接客をすることでユーザーが求めているものをより詳しく知れます。

他にも、商品の開発に携われる企画やマーチャンダイザーの仕事があります。マーチャンダイザーは消費者の動向や現状の売上を調査し、それをもとに商品開発の計画や管理、開発した商品のプロモーションを行います。市場を分析したり計画を管理したりと多くの仕事を担当する職種ですが、その中で自社ブランドで出す服のデザインに関われる点はこの職種の魅力です。さらに開発したものをプロモーションするところまで携ることができるため、売れた時の喜びが特に大きく感じられます。もしマーチャンダイザーを目指す場合、企業によっては販売員と総合職を別で採用しており、総合職からでなければマーチャンダイザーになれないところもあります。事前に調べたり面接の際に質問をして、マーチャンダイザーとして働くための道のりを確認することを忘れないようにしましょう。

独立する

ファッションが好きでアパレル関係で働く方のなかには「いつかは自分のお店を持ちたい!」という夢を持つ方も多いのではないでしょうか。自分の好きな服を集めたセレクトショップや自分で作り上げたブランドを展開するなど、方向性はさまざまです。1度どこかのブランドのショップで店員として働くことで、お客さまの動きや声掛けの仕方、効果的なディスプレイなどを学べるので、まったくの未経験より低いリスクで開業できます。しかし、独立すると経理や在庫管理、バイヤーなどすべての仕事を行うことになります。店員として働いている間に店長やエリアマネージャーなど自分が経験していない仕事をしている人たちから話を聞いておくと、独立してからどのような仕事をする必要があるのかイメージができます。夢を持っている人はただ仕事をこなすだけではなく、周りの環境を利用して独立に必要な知識や経験を蓄積していきましょう。

いかがだったでしょうか?今回はオシャレ好きな女性の憧れの業種であるアパレルの業務についてご紹介しました。洋服が大好きだという人は、自分が好きなものに関われる仕事をすることで、いきいきと社会人生活を送れると思います。また、アパレルの仕事は努力が成果につながりやすい仕事です。日々お客さまと真剣に向き合うことで、お店の看板店員として注目される店員になれるかもしれません。前向きに仕事に向き合って、憧れのカリスマ店員を目指してみませんか。

Tokyo Dive編集部

Recommendおすすめ記事


上京するなら「Tokyo Dive」

この記事を読んで「ちょっと上京してみたいかも?」と思ったそこのあなた!!

Tokyo Diveで上京してみませんか?


今回ご紹介するTokyo Dive(トーキョーダイブ)とは、20代の今だからこそ!上京して東京を体験してみたい!と思っている方に、お仕事とお住まいを同時に提供する「上京サポートサービス」です。

Tokyo Diveのここが魅力!!

■お仕事サポート充実!

専門の「上京カウンセラー」が上京前から、東京生活が始まってからもあなたをしっかりとフォロー!あなたにピッタリなお仕事を紹介します!

■住まいサポート充実!

お仕事のご紹介だけはなく、一緒にお住まいもご紹介!大手不動産会社と提携しており、居住エリアやスタイルなど様々な物件を紹介できます!

■初期費用が圧倒的に安い!

シェアハウス大手の「クロスハウス」や大手不動産会社の「エイブル」などと契約!敷金・礼金・仲介手数料が0円

しかも、TokyoDiveが借り上げている「TokyoDiveシェアハウス」なら家賃も無料!(共益費1万円はかかります)

※シェアハウスの場合
※ワンルーム賃貸の場合も初期費用を大きく抑えることが出来ます

さらに、TV・ベッド・冷蔵庫などの家具家電も無料でついてくる物件も!
Tokyo Diveを利用すると、高くつくときは60万円も必要な初期費用が、なんと0円~上京できる!

仕事が見つかり、初期費用も安く抑えられ、憧れの東京生活を実現する!

それがTokyo Dive!上京するならTokyo Dive!

もしもご興味のある方は、こちらから【無料登録】してみてください!


もっともっとトーキョーダイブについて知りたい方はこちら