【マンガでわかる!】第7話:上京して就職しなきゃいけないの?地方で就職は?|東京の仕事と住まいならTokyo Dive

Tokyo Dive
0120-92-4232
月~金曜日 9:30-18:30

menu

上京ブログ

マンガでわかる上京体験2018.12.18

【マンガでわかる!】第7話:上京して就職しなきゃいけないの?地方で就職は?

上京して就職した場合のメリットはあるのでしょうか?

就職を考えなければいけなくなったとき、地方に住んでいる人は、そのまま地方で就職するか、上京して就職するか悩むことがあるでしょう。地方での仕事に限界を感じて東京での転職を考える人は少なくありません。

若いときに一度はテレビドラマで見るような、華やかで都会的な生活にあこがれますよね。

思い切って、東京で就職することは、実はそんなに難しいことではありません。また、東京で働くメリットはたくさんあります。

さまざまな職種がある

上京して就職したかったら、インターネットを利用することをおすすめします。情報の収集だけではなく、サイトに登録することで就職や転職を容易にしてくれます。新卒就職サイトや転職サイトがたくさんあり、地方で説明会を催してくれたり、転職のマッチングをしてくれたりします。

就活のために何度も交通費や宿泊費をかけて上京するのは、経済的にも肉体的にも負担が大きいです。地方から就職のために上京を考えている人は、インターネットのサイトを積極的に活用しましょう。

おすすめは、新卒採用向けの「Meets Company」や、転職エージェントの「ハタラクティブ」「リクルートエージェント」、転職サイトの「リクナビNEXT」、ヘッドハンティング・スカウトサービス「ビズリーチ」などがあります。

求職サイトを見るだけでも、東京には幅広い職種があり、地方にはない仕事を経験できるメリットがあります。

上京して最初の就職に失敗しても、次の職を見つけることも可能ですし、職種を変えて転職することもできます。地方では、次に新しい仕事を探そうと思っても、選択肢はそう多くありません。

賃金の高さは東京が日本一

厚生労働省の「労働統計年報 平成27年」の都道府県別の年齢による給与の差を見ますと、20~24歳の都道府県最低賃金(男)が沖縄県の171,300円で、最高賃金が東京都の223,900円となっており、その差は48,000円あります。

この差が、20年経つともっと開いていきます。40~44歳の都道府県最低賃金(男)が秋田県の272,100円で、最高賃金が東京都の445,800円となり、その差は173,300円となります。20代前半に思い切って上京して就職すると、20年後にはこんなに差が開いてしまうのです。

もちろん、東京の物価の高さ、家賃の高さを差し引いてデータを見る必要があります。しかし、若いときから本気で生活設計を考えて、派手で華やかな遊びをせずに貯金もしながら生活をすればお金を貯めることはできるでしょう。

やはり、賃金の高さは、東京で働くことの最大のメリットなのです。

キャリアを積むことができる

東京では、地方では経験できない職種もたくさんあります。専門職もさまざまあり、実務を積んだり、資格を取ったりといろいろなことにチャレンジもできます。

専門的な分野でキャリアを積めば、給料は上がり、転職にも有利になり、ヘッドハンティングされる可能性もあります。

東京で働く人は、常にみなスキルアップをしており、上京したばかりの人間から見たら、びっくりするくらい仕事ができるように見えます。

最初は戸惑うかもしれませんが、一緒に仕事をしているうちにその意識の高さ、スピード感に慣れていきます。

地方では得ることができないスピード感を身に付けながら、仕事のキャリアを積んでいくことは、東京で仕事をすることのメリットとなるでしょう。

さまざまな人と出会える

東京で働いている人たちは、流行の服に身を包み、洗練された着こなしで都会的なオーラを放っているように見えます。

しかし実際には、ほとんどの人たちは、東京生まれの東京育ちではありません。地方から上京してきて、東京になじんだ人たちです。全国から、個性豊かな人たちが集まっているのが、東京の最大の魅力でもあるのです。

地方にいては出会えない魅力ある人にも出会え、自分の人生の幅も広げてくれるメリットは計りしれません。また、男女の出会いのチャンスも多くなりますから、結婚を考えられる人に出会える可能性も高くなります。

上京すべきか迷ったら一度はチャレンジしてみては?

上京して働いてみたいと思ったら、就職転職サイトからチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

職種はたくさんあるし、スキルアップを心掛ければ、給料も上がっていきます。素敵な出会いも期待できるかもしれません。

東京が肌に合わなくて地方に帰ったとしても、得たものを地方で生かすことができます。また、実家の都合などで、地方に帰らなくてはいけなくなっても、東京から地方への転職は有利になります。

いずれにしてもメリットはありますから、上京しての就職は無駄にはならないでしょう。

(画像は写真ACより)

Recommendおすすめ記事


上京するなら「Tokyo Dive」

この記事を読んで「ちょっと上京してみたいかも?」と思ったそこのあなた!!

Tokyo Diveで上京してみませんか?


今回ご紹介するTokyo Dive(トーキョーダイブ)とは、20代の今だからこそ!上京して東京を体験してみたい!と思っている方に、お仕事とお住まいを同時に提供する「上京サポートサービス」です。

Tokyo Diveのここが魅力!!

■お仕事サポート充実!

専門の「上京カウンセラー」が上京前から、東京生活が始まってからもあなたをしっかりとフォロー!あなたにピッタリなお仕事を紹介します!

■住まいサポート充実!

お仕事のご紹介だけはなく、一緒にお住まいもご紹介!大手不動産会社と提携しており、居住エリアやスタイルなど様々な物件を紹介できます!

■初期費用が圧倒的に安い!

シェアハウス大手の「クロスハウス」や大手不動産会社の「エイブル」などと契約!敷金・礼金・仲介手数料が0円

しかも、TokyoDiveが借り上げている「TokyoDiveシェアハウス」なら家賃も無料!(共益費1万円はかかります)

※シェアハウスの場合
※ワンルーム賃貸の場合も初期費用を大きく抑えることが出来ます

さらに、TV・ベッド・冷蔵庫などの家具家電も無料でついてくる物件も!
Tokyo Diveを利用すると、高くつくときは60万円も必要な初期費用が、なんと0円~上京できる!

仕事が見つかり、初期費用も安く抑えられ、憧れの東京生活を実現する!

それがTokyo Dive!上京するならTokyo Dive!

もしもご興味のある方は、こちらから【無料登録】してみてください!


もっともっとトーキョーダイブについて知りたい方はこちら