初心者必見!初めてでも書ける履歴書 攻略法1|東京の仕事と住まいならTokyo Dive

Tokyo Dive
0120-92-4232
月~金曜日 9:30-18:30

menu

上京ブログ

就活テク2018.05.21

初心者必見!初めてでも書ける履歴書 攻略法1

こんにちは!Tokyo Dive編集部です!
今回は就活で必要となる書類、”履歴書”の書き方について説明していきます!

履歴書の書き方に不安や疑問をお持ちの方は、ぜひお読みください!

就職活動履歴書

登場人物

ハムハム博士
自身も転職回数が多く、職探しに困った経験を生かして今日も全力で働く。
上京したくて困っている人
リゾートバイトマスターだが最近は上京して東京で働きたいと思っている。

履歴書を書いてきてって言われたけど、書き方わかんね~。とりあえず、わかるとこだけ埋めていけばいっか。
それはダメです!その履歴書一枚で、採用するかどうかを決める面接官もいるくらい大事な書類なんです!だからちゃんと書かなくちゃダメです!
それはわかるけど、俺は履歴書なんて一度も書いたことないから書き方わかんないんだよね…。
それでも大丈夫!世界一わかりやすく履歴書の書き方を説明します!
すごく助かるよ!お手やわらかにお願いします

この記事は以下の順でご説明をします。

  • 日付について
  • 写真について
  • 年齢について
  • 電話番号について
  • メールアドレスについて
  • 住所について
  • 学歴について
  • 職歴について

[基本情報の記入例]


就職活動履歴書

①日付について

特に書き方の指定がない場合は、西暦(2018年など)で記入
 ※今回は元号(平成)の指定があるため、「平成」で記入

履歴書に書いた日付は、履歴書を書いた日付を書けばいいの?
面接にもっていく場合は、面接に行く日を記入します!そしてメールで面接日の前に提出する場合はメールを送信した日を記入!

②写真について

  • サイズは横2.4?3cm、縦3.6?4cm
  • 写真撮影時には髪型を整え、スーツを着用
  • 3カ月以内の最近撮影した写真を貼る
  • 写真の裏側に油性のサインペンでフルネームを記入
  • カラーで、本人が一人で写っていて、本人正面の胸から上が撮影された写真を使用

写真って自撮りとかでもいいのー?
さすがにそれはダメです!写真で落ちてしまう場合もあるらしいから、ちゃんと撮りましょう!
就活用の写真って、どこで撮ればいいの?
駅前などにある撮影マシーンか、撮影専用のお店で撮れます。ちょうどこんなやつですね!撮影専門のお店の方がカッコよく取れるから、オススメです!

※履歴書を書き間違えてしまうことがあるため、写真は最後に貼るようにしましょう!!

③年齢について

年齢記入欄に「満○歳」とあった場合、その日の時点での自分の年齢を記入

④住所について

  • 都道府県名から書き、アパート・マンション名なども省略せずに正しく記入
  • 住所のふりがな欄は、都道府県と市区町村までを記入すればOK
     ※マンション名に読みづらい漢字が入っている場合は、マンション名もふりがなをふりましょう
  • 現住所とは別に、実家などの緊急連絡先がある場合はその住所、電話番号を記入
     特にない場合は「同上」と記入

⑤メールアドレスについて

  • 現在勤務している会社のアドレスを書くのはNG!
  • 添付ファイルなどの送受信もあるので、PC用のメールアドレス(Gmailなど)を記入

PC用のアドレス持ってないんだけど、どうしたらいい?
転職活動用にフリーメール(Gmailなど)のアカウントなどを作るのがオススメです! Gmailならここから簡単に作れるから、作ってみてくださいね!
https://accounts.google.com/signup/v2/webcreateaccount?hl=ja&flowName=GlifWebSignIn&flowEntry=SignUp

⑥電話番号について

  • いつでも連絡が取れる番号を記入
  • 自宅に固定電話がない場合は、携帯電話の番号のみでもOK!

[学歴の記入例]


就職活動履歴書

  • 学歴は一行目中央に「学歴」と記入、その次の行から学歴を記入
  • 履歴書全体で西暦(2018年など)か元号(平成など)の書き方を統一
  • 義務教育の小中学校は卒業年次のみを記入
  • 高等学校、大学、短大、専門学校は「入学」・「卒業」を記入
    ※「○○高校」ではなく「○○高等学校」と略さずに記入
  • 大学、短大、専門学校は、正式学校名だけでなく、学部や学科まで記入
    卒業年次も、学校名・学部・学科を省略せずに書いた後に「卒業」と記入

今回は「初心者必見!初めてでも書ける履歴書 攻略法1」というテーマで記事を書かせていただきましたが、いかがでしょうか?少しでもわかりやすく説明できていましたら幸いです!

説明することが多くなってしまったため、このテーマの記事は2つに分けて書かせていただいております!

続きは「初心者必見!初めてでも書ける履歴書 攻略法2」という記事でまとめさせていただきます。履歴書の書き方に不安や疑問をお持ちの方は、ぜひ続きの記事をお読みください!

Tokyo Dive編集部

Recommendおすすめ記事


上京するなら「Tokyo Dive」

この記事を読んで「ちょっと上京してみたいかも?」と思ったそこのあなた!!

Tokyo Diveで上京してみませんか?


今回ご紹介するTokyo Dive(トーキョーダイブ)とは、20代の今だからこそ!上京して東京を体験してみたい!と思っている方に、お仕事とお住まいを同時に提供する「上京サポートサービス」です。

Tokyo Diveのここが魅力!!

■お仕事サポート充実!

専門の「上京カウンセラー」が上京前から、東京生活が始まってからもあなたをしっかりとフォロー!あなたにピッタリなお仕事を紹介します!

■住まいサポート充実!

お仕事のご紹介だけはなく、一緒にお住まいもご紹介!大手不動産会社と提携しており、居住エリアやスタイルなど様々な物件を紹介できます!

■初期費用が圧倒的に安い!

シェアハウス大手の「クロスハウス」や大手不動産会社の「エイブル」などと契約!敷金・礼金・仲介手数料が0円

しかも、TokyoDiveが借り上げている「TokyoDiveシェアハウス」なら家賃も無料!(共益費1万円はかかります)

※シェアハウスの場合
※ワンルーム賃貸の場合も初期費用を大きく抑えることが出来ます

さらに、TV・ベッド・冷蔵庫などの家具家電も無料でついてくる物件も!
Tokyo Diveを利用すると、高くつくときは60万円も必要な初期費用が、なんと0円~上京できる!

仕事が見つかり、初期費用も安く抑えられ、憧れの東京生活を実現する!

それがTokyo Dive!上京するならTokyo Dive!

もしもご興味のある方は、こちらから【無料登録】してみてください!


もっともっとトーキョーダイブについて知りたい方はこちら